cafe-D

cafed.exblog.jp
ブログトップ

根津神社つつじ祭り

今年のGolden Weekは旅行には出かけませんでした。
直前に風邪をひいて体調を崩したりしていたのでゆっくりと休むことを中心に。

家でご馳走を作ったり、ヘアカラー、フェイシャル、ショッピングに出かけたり、軽井沢に友人を訪ねたり、根津神社のつつじ祭りに行ったり、ピクニックに行ったり。

根津神社は、ほんの一瞬江戸時代にタイムスリップできそうな雰囲気を残しています。
5代将軍綱吉の時代、1706年に奉献された権現造りの社殿がすべて残っているのですからそれもそのはず。重要文化財に指定もされているとは訪れるまで気付いていませんでした。

境内には御稲荷さんもふたつほど。
f0047367_20412310.jpg

立派な楼門。

f0047367_20425979.jpg

乙女稲荷に向かう鳥居。

f0047367_2043122.jpg

黒つつじ別名からふね。
濃い紅色が美しいつつじ。

不忍通りにはマンションが立ち並んでしまっていますが、谷中側に向かえば界隈には下町の趣が残っています。時間の進みかたが異なるのんびりした小路にはチョークで描かれた子どもの絵が残っていました。
[PR]
# by cafe-D | 2010-05-05 19:45 | Bon Week-end

あなたの人生に強烈なインパクトを与えることができるだれか

Samuiに行ったときのように、なにもしないでぼ~っと過ごすのも好きですが、なにもしないことも意思をもって。ただ無為に時間を浪費するのは苦手です。

人生も同じ。
ひとところで足踏みするのは好まないので、いつも前へ前へ。自分なりに成長して先に進むのが大好きです。
ですので、自分の足でしっかりと立ち、飄々と、でもダイナミックに生きるかたを尊敬します。
これまでもいろいろなかたがたからいろいろなアドバイスをいただきましたが、私の生き方に影響を及ぼすような強烈な印象を残すかたに、人生のなかで少なくとも3人出会えれば幸運だと思います。(肉親は別ですが)

そして、自分自身がだれかにとってのそんな1人になれればもっと幸運です。

私はまだお1人しか出会えていませんが。
前にもご紹介しましたが、そのかたの言葉は、私にとって衝撃的で、私の人生のなかで何度もリフレインされています。

自由と自在は異なる。

自由はときに不自由。どうせ挑戦するなら自在に大きくはばたこうよ。

f0047367_9495914.jpg

[PR]
# by cafe-D | 2010-04-17 09:45 | 生き方

今年の桜

暖冬といわれつつ、やはり桜が咲く時期はいつも同じぐらいになります。
近所の御寺の桜。
昨年は、花びらではなく、花がぽとぽと落ちたものでしたが、今年は桜のイメージそのものに花びらがはらはらと散ります。
毎年、桜の咲き方も微妙に異なるところに「常ならず」の妙味があります。
f0047367_10104127.jpg

[PR]
# by cafe-D | 2010-04-11 10:11 | 日々是好日

リゾート開発と環境保全_Six Senses HideawayのThe Little Green Book

リゾート開発は環境破壊とは背中あわせ。
都会人は自然を求めてリゾートに出かけるわけですが、それは本当の意味での「自然」ではなく、都会人が耐えられる範囲内での「自然」でなければならず、それは即ちあるがままの自然を壊すとイコールですから、ある意味とてもエゴイスティックな行動と言わざるを得ません。
f0047367_1358358.jpg

せめてもの罪滅ぼしのために、スローライフをコンセプトとするリゾートを選んだり、環境保全を企業理念とするカンパニーが作るプロダクツを選択していることに、ある種の後ろめたさを感じるのは、非常に厳しく言えば、偽善的行為であると自らも思っているからなのだろうと思います。

極端に言えば、人間の存在そのものが地球にとっては害悪であるわけで、でもそれを止めることはできません。一方、地球に人類が生まれたということが必然であれば、その実、環境破壊も必然であるのかもしれないわけで、その人類である私たちができることと言えば、破壊のスピードを遅らすことと、破壊を破壊でなくするだけの飛びぬけたテクノロジーを生み出すことなのかもしれません。

守られた(あるいは隔離された)リゾートで、都会では味わえない自然(それが所詮疑似体験であっても)に触れたいという欲求を抑えることは難しく、それであればできる限りの環境保全に力を入れるリゾートを選択する、というのもひとつの解決策にならないか、とwishします。

環境破壊を最小限で食い止めるための企業努力を表明するSix Senses Hideawayの部屋に備え付けられていた『The Little Green Book』。同リゾートの環境に対する理念がつづられた小冊子です。
リデュース、リユース、リサイクルがどのように行われているか、水の浄化装置のこと、バイオディーゼルのこと、EMテクノロジー(Effective Microorganism)のことが、リゾート内に生息する動植物のことや、その他の社会貢献活動の紹介と一緒に綴じ込まれています。

興味を持った私のために、バトラーの千明さんがコピーを用意してプレゼントしてくれました。
今回の旅の一番のお土産です。
f0047367_13502387.jpg

[PR]
# by cafe-D | 2010-03-28 13:59 | Bon Voyage

Six Senses Hideawayの食事_ショートエスケープ 12

Six Sense Hideawayにはレストランが2ヵ所あります。
" On the Hill "はタイ料理を中心としたアジアン料理のレストラン。朝食、ランチ、ディナーをいただくことができます。
朝食バイキングのときは取ってきた料理をきれいに食べてから、次の料理を取りに席を立つことをお勧めします。食べかけのまま席を立つというお行儀の悪いことをすると、Indian Mynaがさっそく飛んできて、テーブルの料理を突っつきますよ。
f0047367_1424246.jpg

水際の向こうに見えるのがディナー時に催されるタイダンスの舞台になります。

こちらで気に入ったのは朝食のバイキング。
アジアン料理が苦手なゲストのために、洋食もそろえてありましたが、私が欠かさず食べたのは、しぼりたてのジュースとフルーツ。写真はローズアップル、ドラゴンフルーツ、スイカです。
f0047367_14262917.jpg

そして鶏のヌードルです。もちろん、ナンプラーとトウガラシの粉、トウガラシの酢漬け、パクチー、ショウガをトッピングして。
f0047367_14265827.jpg


" On the Rocks "は、ディナーのみ。
Samui島ではなく、たしか本土も含めて一番おいしい西洋レストランとPRされていましたが、断崖の上に張り出したテラスの上で食事をする、というシチュエーションには心惹かれても、Samui島にきて、どうしてニュージーランド産の仔羊料理を食べなければならないのだろう?という素朴な疑問は彼と同一。
結局、シチュエーションを楽しむために、アペリティフだけいただきに行くことにしたのですが、頼んだカクテルの伴にメインディッシュのスターターサイズ(でも、一皿500バーツ~800バーツもするのですけれど・驚)をオーダーして、fineに美味しく作られていたその実力に本当に感動しました。
f0047367_14293229.jpg

ディナータイムは暗くなってしまうので、この壮大な海の風景は残念ながら楽しめません。
おいでになるなら、風景を楽しむことができる薄暮の時間からテラス席でアペリティフをゆっくり楽しんで、それからディナータイムに移るのがお勧めかもしれません。
[PR]
# by cafe-D | 2010-03-28 10:35 | Bon Voyage

Samui島の食堂_ショートエスケープ 11

Samui島での日々は、都会のなかで眠ってしまっていた感性を目覚めさせてくれて、何を見てもひとつひとつ感動があって、本当に話が尽きません!

The Tongsai Bayのガーデンで、歓声を上げたほどに美しいエメラルド色の細い蛇を見たことや・・・
Six Senses HideawayのVillaへの道で置物のように座っていたを大きな蛙と遭遇したことや・・・
都会だと飛び上がるほどにドキドキしてしまうそれらが、あまりに自然で、少しもドキドキせずにむしろ愛でている自分を発見することも不思議でした。

そんななかでまた別の意味で印象深い経験のひとつは、Six Senses HideawayでスクーターをレンタルしてSamuiの町を巡ったことでしょうか。
ただし、運転は彼。私も運転したかったのですが、自転車以外二輪に乗ったことがない私が、海外の知らない町でいきなりスクーターを運転することを彼に強く反対されて実現できませんでした。
そう、彼は意外に慎重なのです。

f0047367_12421934.jpg


さて、寺院を巡り、かなり略式でサイシンを巻いてもらったり、鐘を叩いたりして、お腹も空いてきたお昼どき。
もちろんおいしいのですが、リゾート内の気取った料理に飽きていたので、地元の料理を食べたいと、スクーターで走りながら、地元の人でにぎわっているお店をさがします。
これぞ、と思ったお店の前でスクーターを停めて、店に入りましたが席は満席。
どうやらお店の人は英語が通じず、声もかけてもらえません。
彼はあきらめて別の店をさがそうモードだったのですが、おいしいものにはとくに冴える私の勘がこの店がいいと主張して、しばし席が空くのを待つことに。

と、近くのテーブルに座っていた女性が、自分が相席になって、たどたどしい英語で空いた席に座りませんか?と声をかけてくれるではないですか。
なんと、彼女はThe Tongsai Bayの従業員。私たちを見憶えていてくれていたのです。
Samui島出身のAuさん。その日はオフの日だとのこと。その後は、結局彼女に頼りっきり。
オーダーは厨房の前に行って自分で紙に書くのがシステムでしたし、わからないことだらけでしたから。
メニューを選んでもらい、出された食事の味付けもアドバイスしてもらい、お会計も手伝ってもらい・・・
彼女に出会わなかったら、途方に暮れていたかもしれません。
f0047367_10205713.jpg

Auさんはこの厨房の前のカウンターに置いてある紙にオーダーを書いていました。

食事ですか?
もちろん、とてもおいしかったですし、外国人相手のホテル価格を見慣れてしまっていた身には嘘のように安かったです。なにせ一皿50バーツぐらいですから、およそ10分の1といったところでしょうか。
f0047367_10195722.jpg

f0047367_10211799.jpg


Auさんに教えてもらった食べ方。
焼きヌードルのほうには、グラニュー糖とトウガラシの粉を振りかけて、よく混ぜて食べるのが一般的。
海老料理は十分に辛いので、そのままでOKです。
彼女はメインと一緒にトム・ヤン・クンを頼んでいましたが、それにはグラニュー糖とトウガラシの粉とトウガラシの酢漬けを入れていました。辛そうです・笑。
[PR]
# by cafe-D | 2010-03-28 10:24 | Bon Voyage

Six Senses Hideawayのexcursions_ショートエスケープ 10

Six Senses Hideawayでは、ゲストが望めばクルーザーのチャーターもなんでもアレンジされるのですが・・・
Six Senses Hideawayのスピードボートのプライベートチャーターはしませんでした。
代わりに、地元の船をチャーターして現地の人を案内人にして、Samui島の向かいにある不思議な無人島Som島に遠足へ。
f0047367_0373335.jpg


至るところにココナツの木が。
私が興味を持ったら、ココナツをとってくれることになったのですが・・・
f0047367_0491055.jpg

途中で道具が壊れてしまって、最後には木に登って実をとってくれました。
f0047367_0495339.jpg


英語が通じないおふたりだったので意志疎通がまったくできなくても、こうしてあれこれ気を使ってくれるのがSamui島の現地の人々です。
[PR]
# by cafe-D | 2010-03-26 00:56 | Bon Voyage

Six Senses Hideawayのプール 2_ショートエスケープ 9

Six Sense Hideawayにはパブリックのプールもあります。

The Tongsai Bayとは違って、ビーチからは遠いのですが、その代わりに高台にありますから、水に入ると海とプールのエッジが溶け込んでしまうかのように見えます。
f0047367_158415.jpg


もちろんプールサイドにはデッキチェアとパラソルがあって、バーから飲み物を持ってきてもらうこともできます。

Villaの専用プールもcozyですが、開放的な眺望を求めたいときはやはりパブリックのプールが一番。

実はタイはいまBangkokで反政府運動が起こっていて、ちょうど出かける直前に大きなデモが計画されていたりと、日本に入ってくる情報はいずれも物騒なものばかりでした。
Samui島に行くにはどうしてもBangkokの空港は通過しなければなりません。
どんな状況か、しつこく安全確認をする私に、Six Senses Hideawayの予約課のスーパーヴァイザーからは、「タイ国内では危険視していないし、観光エリアに影響が出ていることもない、ましてやSamui島ではそんな騒ぎはまったく無関係、ご心配なく、水着と日焼け止めとサングラスだけは忘れずに、すぐにお越しください」と励ましのメールが入ったのですが、その言葉に忠実に、水着だけは贅沢に3着も持ち込みました。
オトコにとっては「まったく・・・」とバカバカしいことかもしれませんが、ビーチ、プール、プライベートプールと、水辺によって水着を変えるのがオンナとしては楽しいことだったりするのです。
[PR]
# by cafe-D | 2010-03-25 02:02 | Bon Voyage

Six Senses Hideawayのプール_ショートエスケープ 8

Six Sense Hideawayのvillaの専用プールは日本人的な感覚でいえば部屋付専用露天風呂です。
ただし、私たちのVillaは斜面の中腹にあって周囲を木立で囲まれていましたから、まったくプライベートになるのですが、Villaによっては条件が異なるようなのでオールヌードは要注意かもしれません(笑)。

小さなプールでも、水面で浮かぶためのマットがあったり、プールに入りながらお酒を楽しむための優れものツールがあったりと至れり尽くせりです。

プールマットの上に乗って浮かびながら眺めたSamuiの空です。
f0047367_1211399.jpg


ある朝はワインセラーのなかにあったスプマンテを楽しんでみました。
ほら、もうほとんど温泉気分ではありませんか?
f0047367_11595796.jpg

[PR]
# by cafe-D | 2010-03-22 12:02 | Bon Voyage

Six Senses Hideawayのビーチ_ショートエスケープ 7

Six Senses Hideawayのビーチは岬の東側の入り江にあります。
f0047367_11424789.jpg

ちなみにビーチに降りるにはラフな木の階段を何段も下る必要があるので、ヒールのあるサンダルはNGです。
f0047367_1139379.jpg


私たちのVillaは岬の西側の斜面にあったので、海の様子が少し異なりました。
レストラン" Dining on the Hill "の入り口に掲示板があってその日の天候、気温、海の状態などが掲示されますが、Villaから見える海が静かな日でも" rough "と書かれていたり、反対に海をはさんで見えるSom島の岸が白く泡だって見えるのに、" flat "と書かれていたり。風の入り方によって岬の両側ではずいぶんと様子が異なることが明らかです。
f0047367_1144785.jpg


ビーチサイドにはバーもあって、もちろんデッキチェアやパラソルも用意されています。Six Senses Hideawayの入り江は遠浅なので泳ぎやすいとは思いますが、ビーチサイドで日がなのんびりするには、波の音、風の色や肌触りなど、The Tongsai Bayのビーチのほうが個人的にはポイントが高いでしょうか。
[PR]
# by cafe-D | 2010-03-22 11:44 | Bon Voyage

Six Senses Hideawayのイベント_ショートエスケープ 6

Six Senses Hideawayで楽しんだアクティヴィティをいくつか紹介しましょう。

曜日によって、Six Senses Hideaway側がゲストを招いてのサンセット・ドリンク・パーティーがおこなわれています。私たちのVillaのバルコニーからもサンセットは見えるのですが、ラウンジからの眺めを求めて出向いてみました。
Samui島の1日が暮れていきます。
f0047367_1171067.jpg


その日はディナータイムにタイダンスのショーも行われるとのこと。
急きょ予約を変更して、Six Senses Hideaway内にあるタイ料理のレストラン" Dining on the Hill "にテーブルをとってもらいました。
外からよばれたプロフェッショナル・ダンサーが次々とダンスを披露します。
今回の旅行にはコンパクトデジタルカメラしか持っていかなかったので、フラッシュが届かず、写真が暗いですが・・・
f0047367_1293339.jpg


そしてショータイムも終わり・・・
舞台を降りたダンサーがテーブルを周ってきてびっくりしたことがありました。
確かに男役ではあったのですがきれいにメーキャップが施された容貌から女性だと思っていたダンサーは男性だったのです。

「ご一緒に踊ってください」という誘いに、いくつかのテーブルのゲストが立ちあがって、ダンサーたちと輪になって踊ります。何組かのカップルのひとつ、タイ文化が大好きでたまらない風の年配のアメリカ人の旦那様が手振りをつけて踊る様はまるで阿波踊りのようにも見え・・・。こうして輪になって同じ方向に踊るのも考えてみたら、日本の盆踊りを思い出させます。
同じアジアの文化のつながりを感じながら、私にお手本を見せてくれながら時々振り返って「大丈夫ですか?」と優しく声をかけてくれる男性ダンサーの身ごなしのやわらかさ。
事前に、タイには女性顔負けの美しいboysがたくさんいると聞いてもいたので、頭の中に質問がぐるぐる回ります。
あぁでも歌舞伎や能と同じ、と思えばこれも十分納得かもしれません。
f0047367_154412.jpg


ダンサーたちが身につけている衣装は役作りのためにそれぞれ意味があるはずで、披露された踊りにはみなストーリーがあったと思います。ストーリーを理解しないまま見るだけになってしまったのが残念なこと。

もうすこしタイの伝統芸能について調べてみようと思っています。
[PR]
# by cafe-D | 2010-03-22 01:55 | Bon Voyage

Six Senses Hideawayでの至福_ショートエスケープ 4

Samui島で滞在したもうひとつの宿はSix Senses Hideawayです。
強く美しい年上のマダムNに教えてもらったスローライフをコンセプトにしたリゾートは、岬を占める広い敷地のなかにVillaが点在しています。
f0047367_1727119.jpg

The Tongsai Bayとは車で5分ほどの距離。
岬で数えるとふたつ先になるでしょうか。

移動の日は午前中いっぱいThe Tongsai Bayのビーチで遊んでいましたから、いまさらきちんとした格好をする気になれず、Six Senses Hideawayの格には不向きかしら?と思ったほどのゆるい格好のまま「Maipenrai」(笑)。
The Tongsai Bayのロビーまで迎えにきてくれたリムジンバトラーとドライバーと一緒にSix Senses Hideawayに向かいます。
車内で冷たいおしぼりとミネラルウォーターの瓶が渡されるのはSamui島のリゾートのひとつのスタイルのようですが、そこはそれ、さすがSix Senses Hideaway。
冷えたミネラルウォーターのボトルの水滴で手が濡れるのを避けるためでしょう。小さな布袋に入れられたミネラルウォーターのボトルや香りづけのレモングラスの茎を芯にして巻かれた冷たいおしぼりに、このリゾートの心遣いが現れています。

予約課のスーパーヴァイザーとは事前にe-mailでいろいろとやりとりをしていました。
予約完了とともに送られてきたゲストの好みを聞く質問シートは2ページにも及んでいて、そろえてほしいミニバーの中身や冷蔵庫の中身は水の種類やジュースの種類はもちろんのこと、枕の種類、布団の種類、シャワージェルやシャンプー、コンディショナーの香り、バスローブの種類、滞在中の興味のあるアクティビティからレストランの予約の希望まで事細かにリクエストを出すことができました。
到着する前から準備が進められた部屋は、わがままいっぱいの家同様「私の部屋」になるのです。

そして到着したら、あとは文字通り「放置」されます。
でも必要なときにはいつでも、それこそ24時間体制でゲスト付のバトラーに手厚くケアされる「放置」ですからこんなに贅沢な過ごし方はありません。

なんというホスピタリティ!
特別な休暇中は徹底的に甘やかされて過ごすのがなによりのプレゼントかもしれません。
日常からのescape。Hideawayしてみたくなったらいかがでしょう?
[PR]
# by cafe-D | 2010-03-21 17:28 | Bon Voyage

The Tongsai Bayの風_ショートエスケープ 3

旅の移動の疲れをオープンエアのお風呂で癒したら、お気に入りの水着に着替えてビーチに降ります。

宿泊しているお客様はどちらかというとコンサヴァティブな良識的なかたがたが多かったように思います。
聞こえてくるのはイギリス英語やアメリカ英語が大半。
皆様お気に入りの場所が自然に決まるようで、ほぼ同じカップルが同じデッキチェアを陣取ってパラソルの下で読書にふけるのがTongsai Bayでの日課のようです。

ビーチサイドにはバーとレストランがあります。
デッキチェアでなにか飲みたくなったら、渡された赤い手旗を振ればOK。
カクテルでもシャンパンでもビールでも好きなものを楽しむことができます。

デッキチェアに寝そべって、波の音を耳に、海風を肌に感じながらまどろむのはいつだって至福の時です。

f0047367_16195824.jpg

[PR]
# by cafe-D | 2010-03-21 16:13 | Bon Voyage

The Tongsai Bayの安らぎ_ショートエスケープ 2

宿の空間の居心地は旅の印象を左右します。
The Tongsai BayのHiroさんが配慮してくれたCottage Suiteについてもう少しご紹介しましょう。

Cottage Suiteには外玄関と内玄関とふたつの扉がありました。
外玄関を入ると小さな中庭に出ます。
f0047367_15164283.jpg

中庭は内玄関を入ってすぐ左のバスルームにあるシャワーブースの1枚ガラスを通して楽しむこともできます。
シャワーを浴びながらスリットを抜けてくる陽光や緑を眺められるなんて素敵なアイディアです。
f0047367_15171130.jpg

Suiteの至るところに飾られたFrangipaniが旅の移動の疲れを癒してくれます。
f0047367_1515196.jpg

ゆったりした空間には化粧コーナーも。
f0047367_15195877.jpg

ナチュラルテイストなタオル掛けが南国の気分を盛り上げてくれます。
f0047367_15201976.jpg

クローゼットのある廊下を抜ければベッドエリア。
蚊が多いので蚊帳は欠かせません。
f0047367_15212143.jpg

階下のリビングルーム。
f0047367_15222341.jpg

そして最後に、さきほど紹介したバスタブが置かれたバルコニーをシェアしていたもう1組のカップルをご紹介しましょう。
バルコニーの梁に巣作りをしていたつがいのIndian Mynah。
f0047367_15225916.jpg

入ってくるときには大抵草や葉をくわえてきて。
f0047367_1527714.jpg

一度はコンビニエンスストアの(セブンイレブン、ファミリーマートがありました!)プラスティックバッグをくわえこんでいたので、通気性を考えると決して適した素材ではないので心配していたら・・・。
大丈夫。彼らも却下したようで、翌朝には下に落ちていました。

-------------------
* Cottage Suite
http://www.tongsaibay.co.th/en/02-accommodation/cottage-suites.html
[PR]
# by cafe-D | 2010-03-21 15:28 | Bon Voyage

The Tongsai Bayでのくつろぎ_ショートエスケープ 1

Samui島1泊目はThe Tongsai Bayへ。
その成り立ちに心惹かれるものがあって選びました。
*The Tongsai Bay Story
f0047367_1025079.jpg

予約を入れると同時にホテルへ要望をいろいろとメールしておきます。
どのようなスタイルや言葉づかいで返信が送られてくるか、これから泊まろうとしているホテルのコンセプトが伝わってくるので私にとってはとてもおもしろい。

空港でホテルから回された迎えの車に乗りこむと、まずクーラーボックスに入った冷たいおしぼりとミネラルウォーターの小瓶が差し出されて。

フロントに到着してチェックインの手続きを。
しばらくすると冷たくて甘いお茶を持って現れたホテルの男性から聞こえてきたのは「日本語」!
Hiroさんはもう7年もSamui島に住んでいるのだそうです。

Hiroさんが選んでくれていた部屋は、広い敷地の斜面に建てられている海が見えるCottage Suite。
玄関を入ると左手にバスルーム。クローゼットの廊下を抜けるとベッドエリア。階下に降りるとリビングエリア。リビングエリアから少し下がったゆったりしたバルコニーには大きなバスタブとデッキチェア、テーブルとチェアが配置されています。

バルコニーにバスタブ!
オープンエアでの入浴が大好きな私には嬉しいレイアウトです。

フライトの疲れと睡眠不足を解消するためにはまずお風呂。

海を臨む視界に1本立っているのはココナツの木。
耳に届くのは波の音、蝉時雨、鳥の声。
部屋にはオーディオ装置がそろっていてCDやDVDの貸出もあるのですが、都会の日常からエスケープしてきたのですから、いろいろな自然の音に囲まれて過ごすのが最高です。
f0047367_10323970.jpg


バスルームはもちろんベッドの上からリビング、バルコニーと、スイートの至るところに飾られたFrangipani(Plumeriaまたはタイ語ではLelawadee)の花はThe Tongsai Bayの庭でつまれたもの。
f0047367_1124813.jpg


しおれてきてしまうので全部集めてバスタブのなかに入れてしまいました。
そうオンナはこういう他愛もないことが好きなのです。
f0047367_1153821.jpg


一方、のどの渇きを癒すお風呂の伴にオトコが開けたのは・・・
f0047367_11175348.jpg

Shinghaです。
[PR]
# by cafe-D | 2010-03-21 11:19 | Bon Voyage